友を選ぶ道

ときに益になる友というのは、とにかく気にさわり、
おもしろくない人間に見えてしまうことがあります。

どうして益になる友が気にさわるのかと言えば、
「自分に不足しているものを持っている」からなのです。

だからこそ、ときに対立するのです。
逆に言えば、「自分に欠けているものを補ってくれる存在」
になるのです。

「争い合える友がいれば、目標を見失った人間でも、名声を失う
ことはない」そういったのは、孔子。『教経』にある言葉です。

自分に間違いがあれば、遠慮なく「間違っている」と知らせ、
規律をもって正しい道を示してくれる。
そんな友が大切な友かもしれません。

どうしても自分に口やわらかく接してくれる人を、いい友だと
思ってしまい、気にさわる人は遠ざけてしまう私です。

気づいたのは、
自分の欠点を指摘してくれる人の話にもっと耳を傾けよう。
ということです。

おはようございます。
本日もお読みいただきありがとうございます。
今日も素敵な1日を!
Osamu.image