親孝行

「親孝行」
を社訓にしている会社があります。

その会社にとって「親」とは、
自分の親、社員の親、自分を育ててくれた人、
指導してくれた人、導いてくれた人、年配者、
全てが親ということです。

孝行とは、親のように尽くすということです。

そして、家族の行事を大切にします。
子供が生まれて1年目に、
子供に一升餅を背負って歩かせます。

これは、
子供が一生食うことに困らないで過ごす。
という願いを込めた行事だそうです。

皆さんも、今日を記念日にしませんか?
「感謝記念日」「成長記念日」「自立記念日」

何でもいいんです。
記念日を作って家族で喜び合う。

家族が集まって、喜び合うこと。
これが親孝行なのかもしれません。

気づいたのは、
集まり話し感謝するだけで親孝行。ということです。

本日もお読みいただきありがとうございます。
今日も素敵な1日を!

Osamu.image