海のもしもは「118番」

今日は1月18日。『118番』の日です。

119番ではなくて118番。何の番号かご存知ですか?

埼玉県のような海なし県には少し馴染みがないかもしれませんが『日本における海上での事件・事故の緊急通報用電話番号』です。

・海難人身事故に遭遇した、または目撃した。
・油の排出等を発見した。
・不審船を発見した。
・密航・密輸事犯等の情報を得た。

上記のような場合に、加入電話、公衆電話、携帯電話、PHS、船舶電話などから『118番』に電話をかければ海上保安庁に緊急通報できます。

キャッチコピーは海の「もしも」は118番

tel118

2000年(平成12年)5月1日施行の改正電気通信事業法施行規則により110番、119番の緊急通信と同様に扱われる番号として運用が開始されました。

海難事故における早期救出の大きなきっかけになるだけでなく、密漁や密航・密輸などについても、その多くが目撃者からの通報により解決されているそうです。

ただ、知名度が低いためか間違い電話やいたずら電話も多く、有効な通報の割合は全通報中1%ほどと、大変少ない現状だそうです…

海水浴や、クルーズなど、海に出る際は『海のもしもは118番』をしっかり胸に刻んでから、お出かけくださいね!

溺れる人戦艦

また、周囲に海へお出かけの方がいらっしゃいましたら、教えてあげてくださいね。

1件でも多くの事故や事犯が早期発見・問題解決されることを願っています!

chieko.miniチエコ