『この世はいいところだと思えるようになる』

* * * * * * * * * * *

けなされて育つと
子供は人をけなすようになる。

とげとげした家庭で育つと
子供は乱暴になる。

不安な気持ちで育てると
子供も不安になる。

「かわいそうな子だ」
と言って育てると
子供はみじめな気持ちになる。

子供を馬鹿にすると
引っ込み思案な子になる。

親が他人を
うらやんでばかりいると
子供も人を
うらやむようになる。 

叱りつけてばかりいると
子供は「自分は悪い子なんだ」と
思ってしまう。

励ましてあげれば
子供は自信を持つようになる。

広い心で接すれば
キレル子にならない。

ほめてあげれば
子供は明るい子に育つ。

愛してあげれば
「人を愛すること」を学ぶ。

認めてあげれば
子供は自分が好きになる。

見つめてあげれば
子供はがんばり屋になる。

分かち合うことを教えれば
子供は思いやりを学ぶ。

親が正直であれば
子供は正直であることの
大切さを知る。

子供に公平であれば
子供は正義感のある子に育つ。

やさしく、
思いやりをもって育てれば
子供はやさしい子に育つ。

守ってあげれば
子供は強い子に育つ。

和気あいあいとした家庭で
育てば
子供はこの世はいいところだと
思えるようになる。

    ドロシー・ロー・ノルト

* * * * * * * * * * * *

祝福されれば豊かさを
拒絶されれば嫌悪をもたらす。

気づいたのは、
いい家庭を作りたい。
家庭は夫婦から始まる。
ということです。

おはようございます。
本日もお読みいただきありがとうございます。
今日も素敵な1日を!

Osamu.image