子供達に伝えたい日本人の心

致知、11月号、境野勝悟氏、白駒妃登美氏、対談
素晴らしいと感動しました。

英語の辞書では訳せない言葉が日本語にはある。
「縁」「おかげさま」「いただきます」「ごちそうさま」

神様に感謝する言葉はあっても、
命そのものに感謝する言葉は外国にはあまりないようです。

「いただきます」は
命をいただいて自分の命を養うという意味。

「ありがとう」は「有ることが難しい」つまり、
自分がここに命をいただいているのは普通なら
あり得ないという意味、だから、英語のサンキューとは
根本的に異なるんです。

「一期一会」の意味は、
もう二度と会えないかもしれないという覚悟を持って
目の前の相手に尽くすこと。

欧米人は「毎日会う相手に心を尽くすのは分かるけど、
二度と会わない相手には失礼があってもいいじゃないか」
と、おっしゃる。それを聞きながら私は思ったんです。

「説明を尽くしても分からない言葉の中にこそ、
本当の日本人らしさがあるんじゃないか」、って。

気づいたのは、
日本の精神は素晴らしい。ということです。

おはようございます。
本日もお読みいただきありがとうございます。
今日も素敵な1日を!

Osamu.Osamu

三日考えてから

斎藤一人さんのお話です。

すぐ怒る奴は、バカだ。

よく考えてから怒りましょう。

最低三日は考えて!

ところで、
あなたは三日前に何を怒っていたか言えますか?

気づいたのは、
その場の感情を抑えてみる。ということです。

おはようございます。
本日もお読みいただきありがとうございます。
今日も素敵な1日を!

Osamu.Osamu

人生神劇

昨日の川越倫理法人会モーニングセミナー
講師、さいたま市見沼区倫理法人会 山崎 聡亮 氏

口うるさい母に隠れて、勉強してるふりをして、
ラジオを聴いていました。

野球が好きで、ジャイアンツが勝ったり、
王選手がホームランを打つと、飛び上がって喜びました。

今考えるとジャイアンツが勝つこと王選手がホームランを
打つことは、自分の人生に何の関係もないことなのに。

本心は、自分の人生から逃げていたのだと思います。

学生時代はカヌーに打ち込みました。
カヌーで日本一という舞台を経験することができました。

人生神劇。結果はわからない。
でも、駄目でも一生懸命やることが大事なんですね。
一生懸命やる。本気でやる。
すると何かの結果が出る。誰かが見ていてくれる。

信念 = 感違い(その気になること)

感違いすることは良いことだと思います。
積極的に感違いすることが、信念に通ずる。

「人生は舞台だ」と感違いする。
人生は感違い。良い感違いをする。その気になる。
感違いして一生懸命やってみる。
いつか、それが信念に変わる。真実となる。

にっこり笑って受け止めて、最高の舞台にする。
自分の人生なんだから、感違いしてもいいじゃないか!

本日も素敵な学びをさせていただきました。

気づいたのは、
感違いはしてもいい。一生懸命が大事なんだ。
ということです。

おはようございます。
本日もお読みいただきありがとうございます。
今日も素敵な1日を!

Osamu.Osamu

さしすせそ、たちつてと。

会話には、「さ・し・す・せ・そ」が重要

さ、さすがですね。

し、知りませんでした。

す、すごいですね。

せ、センスいいね。

そ、そうなんだ。

アカデミックな連中には「た・ち・つ・て・と」が重要

た、例えば?

ち、違いは?

つ、つまり?

て、定義は?

と、統計的な裏付けは?

気づいたのは、
みなさん、いろいろ工夫しているんだなぁ〜
ということです。

学ばせていただきました。

おはようございます。
本日もお読みいただきありがとうございます。
今日も素敵な1日を!

Osamu.Osamu

本当の商売とは

斎藤一人さんのお話です。

見込み客をお客さんにする、リピート客を作る方法

それは、
愛を持って叱ってあげる。お母さんの愛。

病気を治さないといけない。
病気を治すのは大変だけど、絶対に治す。

そこに愛はありますか?

膝が痛いから温泉に行こう。より、
膝も元気だし温泉に行こう。の方がいい。

病気だとどれだけ周りに気を使わせるか!

みんなで楽しく暮らさなきゃダメだよ。
そのために元気でいるんだよ。

ここが痛い、あそこが痛い、じゃなくて、
今日は昨日より少し良くなった、
ちょと良くなった、と言うの。

元気でいるために温泉に行こうよ。
ずーと元気でいるために、これ買って使おうよ。
元気でいないとダメなんだよ。

気づいたのは、
愛を持って叱る。
私の商売には愛が宿っているだろうか?
ということです。

おはようございます。
本日もお読みいただきありがとうございます。
今日も素敵な1日を!

Osamu.Osamu

今、出来る事があるんだ、絶対に。

充実したいなら、
「過ぎたこと」よりも
「今できること」に集中すること。

結果を出したいなら、
「問題」よりも
「機会」に集中すること。

モチベーションを高めたいなら、
「弱み」を補おうとするより
「強み」に集中すること。

自分らしく生きたいなら、
「どう思われるか」より
「自分はどうしたいか」に集中すること。

縁を切りたくないなら、
「二人の終わり」を想像するより
「二人の始まり」を思い出すこと。

幸せになりたいなら、
「不足」を探すより、
「感謝」を見つけること。

〜 島田りゅういち氏のブログより〜

気づいたのは、
今、出来る事は絶対ある。ということです。

おはようございます。
本日もお読みいただきありがとうございます。
今日も素敵な1日を!

Osamu.Osamu

全ての始まりは女です。

私たちは、十月十日、お母さんのお腹に
命を宿され生まれてきました。

始まるはという字は、女が土台と書きます。
私たちは女性に命がけで守られて生まれてきました。

安心、安らぎの“安”は、女が家にいると書きます。

すべての命は、女から産まれ、女から始まります。
女(母)に好かれ、安らぎながら育ちます。

女の子は好かれ、女性を兼ねると嫌われます。
好きも、嫌いも、女偏で始まります。
好き嫌いの感情も女の気持ちを表しています。

すべての中心は女性です。
姓名。苗字のことを“姓”と言います。
姓は、女が生きると書きます。

女の付く字と、男の付く字では、
圧倒的に女の方が多いです。

男は、“田”んぼに“力”と書きます。
一生懸命女性のために働くのが男の役割のようです。

気づいたのは、
女性を大切にする。
男は、勇気を持って勇ましく。ということです。

おはようございます。
本日もお読みいただきありがとうございます。
今日も素敵な1日を!

Osamu.Osamu

まねること


斎藤ひとりさんの言葉。

『 うまくいっている人のやり方を、
まねるだけでいい 』

たとえ話だよ。

たとえば、丁半ばくちで 勝とうと思ったら、
うんと勝ってるやつを 探せばいいんです。

それで、うんと勝っているやつが 「丁」といえば、
自分も「丁」っていうの。
「半」といえば、自分も「半」って。

要は、うまくいっている人のやり方を、
まねるだけでいいんだよ。

まずは、まねてみる。
学生時代のテストは答えを見てはダメですが、
社会に出れば、答えを見ていいんです。

うまくいっている人のやり方を見て研究する。
できるようになったら、できない人に教える。
何度も何度も教えてあげる。

すると、、、、
もっと、もっと、うまくできるようになる。

気づいたのは、
人生ではカンニングは有りなんだ。
積極的に見にいこう。
と、いうことです。

おはようございます。
本日もお読みいただきありがとうございます。
今日も素敵な1日を!

Osamu.Osamu

神様は絶対に見捨てない。

神様は絶対にあなたを見捨てません。

もしそんなことがあるとしたら、
それはあなたが神様を見捨てた時です。

神様は絶対にあなたを見捨てません。

辛いことがあったとき、
自分が神様を見捨ててないか考えて下さい。

そして気づいたら、この言葉を、
「神様は絶対に私を見捨てない。ありがとう。ありがとう。」
って言ってください。

それだけで神様と仲直りできますよ。

〜 斎藤一人 〜

気づいたのは、
最後まで神様を信じる。ということです。

信じるものは救われる。

おはようございます。
本日もお読みいただきありがとうございます。
今日も素敵な1日を!

Osamu

貧乏波動

貧乏波動を出すと、いずれ貧乏になるようです。

斎藤一人さんのお話です。

貧乏波動とは何ですか?

その人が貧乏になりそうな行動です。
例えば「人生、金じゃない」って言ったりする。

それってお金の悪口だよね。
お金の悪口を言うと、お金からも嫌われる。

「人生、金じゃない」なんて言葉は、
しこたまお金を持った人が言う言葉。

お金の悪口を言う人は「人生、金がない」

「人生、金じゃない」ではなく「人生、金だけではない」

人生には色々あります。
「同情する」のも貧乏波動。

「病気になった」「リストラされた」の話に
いちいち同情するのも貧乏波動。

同情するんじゃなくて、前向きにはげますの。
貧乏波動は出しちゃダメだよ。

気づいたのは、
自分で余程気をつけていないと、
知らぬ間に貧乏波動を出しちゃっている。
ということです。

貧乏波動は出しちゃいけない。
もらっちゃいけない。

おはようございます。
本日もお読みいただきありがとうございます。
今日も素敵な1日を!

Osamu.Osamut