最近あまり聞かなくなりましたが、
FM NACK5 小林克也のファンキーフライデーで
よく流れていた私が好きな詩です。

自由への道、平和への道、愛の道
道は人類を導く大きな礎

あぜ道、寄り道、帰り道
道は懐かしいあの頃の思い出

遥か彼方に見える、
あの道も

今あなたが通り過ぎようとしている
その道も

今日、
私が歩く道の一つかもしれません

私たち日本人は「道」に生き方を感じてきました。
私も「道」という言葉に心を感じます。

道とは、「礼」に始まり「礼」に終わる。
神道、柔道、剣道、花道、武士道、書道、北海道(笑)

来た道、行く道、帰り道、
今迷っているこの道も、これから切り開く新道も、
全て繋がっている。

気づいたのは
全ては繋がっている。ということです。

本日もお読みいただきありがとうございます。
今日も素敵な1日を!

Osamu.image

目は前についている

目はなぜ前についているのでしょうか?

それは、前を見るためのようです。

横や後ろばっかり見ていると危ないです。
また、その態勢は疲れます。

前を見ているのが健康的です。
人の目は、前を見るために前についているようです。

よく見ると、
足も前に進むのにちょうど良くできています。
前に進むのが一番早く楽に進めます。

人の体はどうやら前を見て、
前に進むようにできてるようです。

それ以外は、目を閉じて、足を止めて、休む。
進む!休む! 進んだら少し休んでまた進む。

これが一番良いようです。

気づいたのは、
進むか!休むか!前しかない。ということです。

本日もお読みいただきありがとうございます。
今日も素敵な1日を!

Osamu.image

暖かくなってきました。❀
新聞に昨日の上野公園のお花見の様子が出ていました。
お天気も良く土曜日でしたので、すごい人でしたね。

私も昨日、地元ふじみ野市の地蔵院のしだれ桜を見に行きました。
初めて行きましたが素晴らしかったです。
ライトアップもされていて幻想的でした。

今日は出社途中に中央公園の桜を見てきました。
この公園は私が子供の頃、そして息子たちもよく遊んだ所です。
毎年この時期には沢山の桜が咲きます。
来年には孫と一緒にお花見をしているかも?
043IMG_4950

046、

kiyoe.mini kiyoe

お金は好きですか?

「あなたはお金が好きですか?」
この質問に、ほとんどの方が「はい」と答えます。
もちろん私も大好きです。

しかし、
私たちはお金をもらう時、お金を使う時、お金に対して
ネガティブな気持ちを使っている場合があります。

それは、お金は醜いもの、卑しいもの、怖いもの
という感情です。

アメリカでは、夫婦げんかの一番の原因がお金の問題。
子供達は、お金のことでけんかしている親の姿を見て、
育っているます。

また日本では最近、借金問題(過払い金)、争族問題
(相続対策)の話が頻繁にあり、お金 = トラブル の
ようなイメージもあります。

待機児童の問題も、片親や共働きが原因の一つであり、
子育てと生活の両立、
大きく捉えるとお金の問題のような気がします。

皆さんも経験ありませんか?
お金のことを考えた時、お金を請求する時、
自分が払う時やもらう時に嫌な気持ちになること。

また、
友達や身内から仕事を頼まれて、料金を安くしてあげたい、
サービスしてあげたいと思う気持ち。
これもお金に関する感情です。

お金はネガティブなパワーも持っているようです。

気づいたのは
お金が好きなのではなく、お金が持った自分が好き。
ということです。

本日もお読みいただきありがとうございます。
今日も素敵な1日を!

Osamu.image

美しいもの

うつくしいものを
美しいと 思える あなたの心が
うつくしい
みつを

見ようとしなくても、見えるのが欠点。

見ようとしなければ、見えないのが魅力。

無意識でいると、相手の欠点にイライラする。

意識すれば、相手の魅力にワクワクする。

相手の魅力に気づくほど、

相手が魅力的になる。

気づいたのは
美しく見る。ということです。

本日もお読みいただきありがとうございます。
今日も素敵な1日を!

Osamu.image

年金問題

年金システムは破産していると言われます。
私たちの納めている年金は私たちのために
積み立てられているのではありません。

年金は、今納めている人たちの資金で、
先輩たちの老後生活を支えるシステムです。

戦争で国を支えた人たちの老後を守るシステム。
年金という名前の税金のようなものだったようです。

これから先、赤字国債が積もり上がり、
私たちのが受給者になるときは貰えるのだろうか?
と心配になります。

しかし税金と考えれば、それも仕方ないこと。
それまでに私たちはたくさんの恩恵を受けてきました。

私が生まれた頃には、首都高は開通してました。
新幹線も走りました。水道もありました。
徐々にですが、道路も舗装され、
下水も整備されました。

私たちは先輩たちのおかげで、生まれた時から
社会インフラの恩恵を受けてきたわけです。

老後はできるだけ国の負担にならないように、
老後資金を自分で蓄えておきたいものです。

今まで受けた恩恵は、年金としてもらえなくても
払ってきた分はチャラなのかもしれません。

気づいたのは
受けてきた恩を知る。ということです。

本日もお読みいただきありがとうございます。
今日も素敵な1日を!

Osamu.image

私のキャリーバッグ

今日、妹が私のキャリーバッグを借りに来ました。

海外旅行にも持って行ける、国内なら連泊向きの大きめなキャリーバッグです。

IMG_4144

 

(写真だと大きさがわかりづらいですね・・・)

4月から新入社員となる妹は、泊まり込みでの社員研修があるそうで、そこに持っていくそうです。

思い起こせばこのキャリーバッグ、大学生の時に「オーストラリアに行く!」と思い立った私が、思いが変わらないようにとまず購入したものでした。

しかし、購入直後母親の病気が発覚、病院探しや病気についての知識をつけることに奔走し、いつしか眠ったままになっていました。

その後、このキャリーバッグが活躍したのは『弟の海外へのホームステイ』『母親が遠方の病院に入院する時のお供』そして『妹の研修』・・・

私のためにはなかなか働いてもらえていません(笑)

でも、旅行のためと思い勢い余って購入したこのキャリーバッグが、家族の特別を支えてくれていると思うと嬉しくなります。

これからも大事な時に活躍する相棒として、長生き?してほしいなと思います!

みなさんにも大切な1品、あるのではないでしょうか?

shopping_fasion

たまには押入れから出して、お手入れしてあげないとですね☆

chieko.miniチエコ

高齢者住宅

団塊の世代の高齢化が社会問題になっています。
介護施設が足りない。高齢者住宅が足りない。

最近、調整区域に建つ大規模施設のほとんどが
老人ホームや老健施設等です。

高齢者住宅に入居するにもお金がかかります。
少子化も進み、老人が多くなり、人口が減る。

なんだか先を考えると暗くなる話ばかりです。

しかし、私は団塊世代の次の世代です。
思い返せば子供時代、小学校もどんどんできて、
いつも真新しい校舎で学びました。
学校にはプールや体育館もできてきました。

中学、高校も新しい学校がどんどんできてきました。
選択筋はいっぱいあったわけです。

きっと私たちが老人になる頃には、
団塊の世代の先輩方が卒業して、施設も充実し、
入居者が選ぶ時代が来るのでは?

オートロック付き高齢者住宅、入居補償金無料。
入居お試し期間2ヶ月間フリーレント。
今ならオムツ使い放題、無料サービス付き。

こんな時代になるかもしれません。
すいません。不謹慎で!(反省)

気づいたのは
未来は考え方次第で明るい。ということです。

本日もお読みいただきありがとうございます。
今日も素敵な1日を!

Osamu.image

超高性能マシーン

この話を聞いて妙に納得してしまいました。

人間は誰しも超高性能マシーンに乗車しています。

そう、私たちの身体は超高性能にできているんです。
しかし、そのドライバーが未熟。

どうしたらエンジンがかかるのか?
ブレーキがどこにあるのか?
動かすための燃料がなんなのか?

この超高性能マシーンである私たちの身体を
100%使いこなしている人はいないらしいんです。

私たちの身体は全て私たちの意思で動いている
わけではありません。
ほとんどは自然に動いています。

呼吸をしたり、心臓を動かしたり、
バイキンから体を守ったり、食べ物を消化したり。

高性能に勝手に動いているわけです。
まだまだ私たちが気づかない高性能が隠れています。

気がつけば私も、未熟な運転をしていました。

ブレーキを力いっぱい踏みながらアクセルを踏んだり。
ハンドルを握らずいきなり走り出したり。

アクセルもブレーキもエンジンのかけ方すらもわからずに
運転していました。

自分がどうすればやる気になるのか、
そして、それを継続するためにはどうしたらいいのか?

どんな時にくじけてしまうのか、諦めてしまうのか?
基本的な操作の方法も知らず運転していたようです。

人は皆、高性能マシーンの使い方を迷いながら
人生を過ごしているようです。

気づいたのは、
自分の使い方を学ぶ。ということです。

だから一生勉強なのかもしれません。

本日もお読みいただきありがとうございます。
今日も素敵な1日を!

Osamu.image

素敵な話

乳児はしっかり 肌を離すな

幼児は肌を離せ 手を離すな

少年は手を離せ 目を離すな

青年は目を離せ 心を離すな

小学生は、暗くなる前に帰りなさい。

中学生は、暗くなったら帰りなさい。

高校生は、日付が変わる前に帰りなさい。

大学生は、盆と正月くらいは帰りなさい。

大学院生は、帰れる家があることに感謝しなさい。

社会人になったら、子供が安心して帰ってこれる
家を今度は自分がつくれるようにしなさい。

私もいつの間にか、
言われる立場から言う立場に変わりました。

来月には長男達に子供ができます。
言葉の意味や感じ方も、変わった気がします。

気づいたのは、
立場が変われば思いも変わる。ということです。

成長しているのでしょうか?
ただ時が流れているように思います。

本日もお読みいただきありがとうございます。
今日も素敵な1日を!

Osamu.image